無料ブログはココログ

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月

2024年2月25日 (日)

【まとめ】セレッソ大阪 シーズン公式戦ファーストゴール(1994~2024)

セレッソ大阪のシーズン公式戦ファーストゴールをまとめてみました。

 

 2024 カピシャーバ(J1リーグ第1節)
 2023 為田大貴(J1リーグ第1節)
 2022 進藤亮佑(J1リーグ第1節)
 2021 大久保嘉人(J1リーグ第1節)
 2020 ブルーノ メンデス(ルヴァンカップグループリーグ第1節)
 2019 山下達也(J1リーグ第1節)
 2018 山口蛍(フジゼロックススーパーカップ)
 2017 マテイ ヨニッチ(J1リーグ第2節)
 2016 山村和也(J2リーグ第1節)
 2015 フォルラン(J2リーグ第1節)
 2014 柿谷曜一朗(ACLグループリーグ第1節)
 2013 柿谷曜一朗(J1リーグ第1節)
 2012 ブランキーニョ(J1リーグ第2節)
 2011 ピンパォン(ACLグループリーグ第1節)
 2010 アドリアーノ(J1リーグ第2節)
 2009 カイオ(J2リーグ第1節)
 2008 香川真司(J2リーグ第1節)
 2007 アレー(J2リーグ第2節)
 2006 前田和哉(J1リーグ第1節)
 2005 黒部光昭(J1リーグ第1節)
 2004 徳重隆明(J1リーグ1stステージ第1節)
 2003 布部陽功(ヤマザキナビスコカップグループリーグ第2節)
 2002 根本裕一(J2リーグ第1節)
 2001 尹晶煥(J1リーグ1stステージ第1節)
 2000 田坂和昭(J1リーグ1stステージ第1節)
 1999 橋口勝(J1リーグ1stステージ第1節)
 1998 森島寛晃(Jリーグ1stステージ第1節)
 1997 深川友貴(ヤマザキナビスコカップグループリーグ第1節)
 1996 マルキーニョス(Jリーグ第2節)
 1995 山橋貴史(Jリーグサントリーシリーズ第1節)
 1994 神田勝夫(JFL第1節)

 

【まとめ】セレッソ大阪 Jリーグ(リーグ戦)開幕戦の成績(1994~2024)

セレッソ大阪のリーグ戦開幕戦(第1節)について、成績と入場者数をまとめてみました。

 

(J1)8勝6分け10敗(1998までのJ含む)

(J2)4勝1分け1敗

(JFL) 1勝

 

 2024(J1) △2-2FC東京

 2023(J1) △2-2アルビレックス新潟

 2022(J1) △2-2横浜F・マリノス

 2021(J1) ○2-0柏レイソル

 2020(J1) ○1-0大分トリニータ

 2019(J1) ○1-0ヴィッセル神戸

 2018(J1) △1-1横浜F・マリノス

 2017(J1) △0-0ジュビロ磐田

 2016(J2) ○1-0町田ゼルビア

 2015(J2) △1-1東京ヴェルディ

 2014(J1) ●0-1サンフレッチェ広島

 2013(J1) ○1-0アルビレックス新潟

 2012(J1) △0-0サガン鳥栖

 2011(J1) ●1-2ガンバ大阪

 2010(J1) ●0-3大宮アルディージャ

 2009(J2) ○4-1サガン鳥栖

 2008(J2) ○2-0水戸ホーリーホック

 2007(J2) ●0-2ベガルタ仙台

 2006(J1) ●2-3名古屋グランパスエイト

 2005(J1) ●1-3ヴィッセル神戸

 2004(J1) ●1-2名古屋グランパスエイト

 2003(J1) ●0-1ヴィッセル神戸

 2002(J2) ○6-0モンテディオ山形

 2001(J1) ●1-2コンサドーレ札幌

 2000(J1) ●1-3清水エスパルス

 1999(J1) ○2-1サンフレッチェ広島

 1998(J)  ○2-1ガンバ大阪

 1997(J)  ○3-2名古屋グランパスエイト

 1996(J)  ●0-2横浜フリューゲルス

 1995(J)  ○1-0サンフレッチェ広島

 1994(JFL) ○1-0コスモ石油

 

【まとめ】セレッソ大阪 Jリーグ(リーグ戦)ホーム開幕戦の成績と入場者数(1994~2024)

セレッソ大阪のJリーグ(リーグ戦)ホーム開幕戦について、成績と入場者数をまとめてみました。

 

 (J1)2024.2.24(土)
   △2-2 FC東京(20,705人)

 (J1)2023.2.18(土)
   △2-2 アルビレックス新潟(17,928人)

 (J1)2022.2.26(土)
   △1-1 京都サンガF.C.(9,766人)

 (J1)2021.2.27(土)
   ◯2-0 柏レイソル(4,481人)

 (J1)2020.2.22(土)
   ○1-0 大分トリニータ(15,535人)

 (J1)2019.2.22(金)
   ○1-0 ヴィッセル神戸(42,221人)

 (J1)2018.2.25(日)
   △1-1 横浜F・マリノス(23,049人)

 (J1)2017.2.25(土)
   △0-0 ジュビロ磐田(33,208人)

 (J2)2016.3.12(土)
   ○1-0 ザスパクサツ群馬(13,495人)

 (J2)2015.3.15(日)
   ○3-1 大宮アルディージャ(15,584人)

 (J1)2014.3. 1(土)
   ●0-1 サンフレッチェ広島(37,079人)

 (J1)2013.3. 2(土)
   ○1-0 アルビレックス新潟(15,051人)

 (J1)2012.3.17(土)
   ○2-1 ガンバ大阪(30,764人)

 (J1)2011.4.29(金・祝)
   △1-1 アルビレックス新潟(9,014人)
    ※東日本大震災発生に伴う日程変更

 (J1)2010.3.14(日)
   △1-1 ガンバ大阪(37,860人)

 (J2)2009.3. 8(日)
   ○4-1 サガン鳥栖(8,234人)

 (J2)2008.3.15(土)
   ●1-3 モンテディオ山形(6,937人)

 (J2)2007.3.11(日)
   ●0-2 ベガルタ仙台(6,285人)

 (J1)2006.3.12(日)
   ●1-6 ガンバ大阪(30,561人)

 (J1)2005.3.12(土)
   ●2-3 横浜F・マリノス(19,143人)

 (J1)2004.3.13(土)
   ●1-2 名古屋グランパスエイト(18,542人)

 (J1)2003.3.22(土)
   ●0-1 ヴィッセル神戸(19,006人)

 (J2)2002.3. 3(日)
   ○6-0 モンテディオ山形(6,755人)

 (J1)2001.3.10(土)
   ●1-2 コンサドーレ札幌(11,359人)

 (J1)2000.3.25(土)
   ○5-2 ヴェルディ川崎(6,771人)

 (J1)1999.3. 6(土)
   ○2-1 サンフレッチェ広島(6,697人)

 (J) 1998.3.25(水)
   ○4-3 横浜マリノス(10,534人)

 (J) 1997.4.16(水)
   ●0-2 横浜フリューゲルス(8,056人)

 (J) 1996.3.16(土)
   ●0-2 横浜フリューゲルス(8,087人)

 (J) 1995.3.22(水)
   ○2-2(PK4-3) 名古屋グランパスエイト(9,239人)

 (JFL)1994.4.24(日)
   ○1-0 コスモ石油(9,000人)

 

2024年2月17日 (土)

【まとめ】Jリーグ 各大会クラブ別優勝回数

○J1リーグ

(クラブ別優勝回数)

 8 鹿島アントラーズ
    (1996,1998,2000,2001,2007,2008,2009,2016)

 5 横浜F・マリノス(1995,2003,2004,2019,2022)

 4 川崎フロンターレ(2017,2018,2020,2021)

 3 ジュビロ磐田(1997,1999,2002)

 3 サンフレッチェ広島(2012,2013,2015)

 2 東京ヴェルディ(1993,1994)

 2 ガンバ大阪(2005,2014)

 1 浦和レッドダイヤモンズ(2006)

 1 名古屋グランパス(2010)

 1 柏レイソル(2011)

 1 ヴィッセル神戸(2023)

 

 

○Jリーグカップ

(クラブ別優勝回数)

 6 鹿島アントラーズ(1997,2000,2002,2011,2012,2015)

 3 東京ヴェルディ(1992,1993,1994)

 3 FC東京(2004,2009,2020)

 2 ジェフユナイテッド市原・千葉(2005,2006)

 2 ジュビロ磐田(1998,2010)

 2 柏レイソル(1999,2013)

 2 ガンバ大阪(2007,2014)

 2 浦和レッドダイヤモンズ(2003,2016)

 1 清水エスパルス(1996)

 1 横浜F・マリノス(2001)

 1 大分トリニータ(2008)

 1 セレッソ大阪(2017)

 1 湘南ベルマーレ(2018)

 1 川崎フロンターレ(2019)

 1 名古屋グランパス(2021)

 1 サンフレッチェ広島(2022)

 1 アビスパ福岡(2023)

 

 

○天皇杯

(クラブ別優勝回数)※Jリーグ設立後1992年以降

 5 鹿島アントラーズ(1997,2000,2007,2010,2016)

 4 ガンバ大阪(2008,2009,2014,2015)

 4 浦和レッドダイヤモンズ(2005,2006,2018,2021)

 2 横浜フリューゲルス(1993,1998)

 2 名古屋グランパス(1995,1999)

 2 東京ヴェルディ(1996,2004)

 2 横浜F・マリノス(1992,2013)

 2 川崎フロンターレ(2020,2023)

 1 湘南ベルマーレ(1994)

 1 清水エスパルス(2001)

 1 京都サンガ(2002)

 1 ジュビロ磐田(2003)

 1 FC東京(2011)

 1 柏レイソル(2012)

 1 セレッソ大阪(2017)

 1 ヴィッセル神戸(2019)

 1 ヴァンフォーレ甲府(2022)

 

 

○アジアチャンピオンズリーグ(ACL)

(クラブ別優勝回数)※Jクラブのみ

 3 浦和レッドダイヤモンズ(2007,2017,2022)

 1 ガンバ大阪(2008)

 1 鹿島アントラーズ(2018)

 

 

○スーパーカップ

(クラブ別優勝回数)

 6 鹿島アントラーズ(1997,1998,1999,2009,2010,2017)

 4 サンフレッチェ広島(2008,2013,2014,2016)

 3 ジュビロ磐田(2000,2003,2004)

 3 東京ヴェルディ(1994,1995,2005)

 3 川崎フロンターレ(2019,2021,2024)

 2 清水エスパルス(2001,2002)

 2 名古屋グランパス(1996,2011)

 2 ガンバ大阪(2007,2015)

 2 浦和レッドダイヤモンズ(2006,2022)

 1 柏レイソル(2012)

 1 セレッソ大阪(2018)

 1 ヴィッセル神戸(2020)

 1 横浜F・マリノス(2023)

 

 

○JリーグYBCルヴァンカップ/CONMEBOLスダメリカーナ王者決定戦

(クラブ別優勝回数)※Jクラブのみ

 2 鹿島アントラーズ(2012,2013)

 1 FC東京(2010)

 1 ジュビロ磐田(2011)

 1 柏レイソル(2014)

 1 浦和レッドダイヤモンズ(2017)

 

2024年2月16日 (金)

【随時追記】セレッソ大阪の2024年代表(各世代)選出状況 (2024年2月16日現在)


セレッソ大阪およびセレッソのアカデミー(育成組織)から各世代日本代表への選出状況について、まとめていきたいと思います。

これまでセレッソから、たくさんの代表選手が選出され、大きな活躍を見せてくれています。

2024年も、セレッソから多くの選手が選ばれるとともに、日本の勝利に貢献する姿を見せてくれることを大いに期待しています。

セレッソの誇りを胸に、頑張れ!!!

   ※[ ]は代表候補。

 

《日本代表(候補)》

○ 国際親善試合(1/1)

  毎熊 晟矢

 

○ AFC アジアカップ カタール 2023

  毎熊 晟矢

 

 

《U-23日本代表(候補)》

○ 

 

 

《U-19日本代表(候補)》

○ 

 

 

《U-17日本代表(候補)》

 

 

《U-16日本代表(候補)》

○ トレーニングキャンプ(2/19~23)

  永添 功樹・エゼモクェ チメヅェ海・岡崎 葵

 

 

《U-15日本代表(候補)》

○ 

 

 

 

《日本女子代表(候補)》

○ 

 

 

《U-20日本女子代表(候補)》

○ トレーニングキャンプ(1月29日~2月1日)

  米田 博美・中谷 莉奈・白垣 うの・和田 麻希

 

○ AFC U-20女子アジアカップ 2024 ウズベキスタン

  米田 博美・中谷 莉奈・白垣 うの

 

 

《U-17日本女子代表(候補)》

○ 

 

 

《U-16日本女子代表(候補)》

○ 

 

 

《U-15日本女子代表(候補)》

○ 

 

 

 

2024年2月 1日 (木)

セレッソ大阪ヤンマーレディースの契約について(2023-2024年)

セレッソ大阪ヤンマーレディースは、2023-2024シーズンからWEリーグに参入。

初年度メンバーは以下のとおり。

セレッソ旋風、巻き起こそう!

 

○GK

  福永 絵梨香(ふくなが えりか)

  山下 莉奈(やました りな)

  西中 麻穂(にしなか まほ)

 

○DF

  米田 博美(よねだ ひろみ)

  筒井 梨香(つつい りこ)※INAC神戸レオネッサ(期限付き移籍)から復帰

  荻久保 優里(おぎくぼ ゆうり)

  浅山 茉緩(あさやま まひろ)

  藤原 のどか(ふじわら のどか)

  中谷 莉奈(なかたに りな)※ガールズU-18(育成TOP可)

  白垣 うの(しらがき うの)※ガールズU-18(育成TOP可)

 

○MF

  森中 陽菜(もりなか ひな)※アルビレックス新潟レディース(期限付き移籍)から復帰

  前川 美紀(まえがわ みき)

  松本 奈己(まつもと なお)

  善積 わらい(よしずみ わらい)

  高和 芹夏(たかわ せりか)

  古澤 留衣(ふるさわ るい)

  中西 ふう(なかにし ふう)※東京国際大学から新加入

  宮本 光梨(みやもと ひかり)

  四海 結稀奈(しかい ゆきな)

  北原 朱夏(きたはら しゅか)

  脇阪 麗奈(わきさか れいな)※INAC神戸レオネッサから完全移籍

 

○FW

  玉櫻 ことの(たまざくら ことの)1998.2.17

  田中 智子(たなか ともこ)2001.07.16 

  岩本 まりの(いわもと まりの)2001.09.14

  百濃 実結香(ももの みゆか)2002.10.08

 

○期限付き移籍

 

 

 ○ セレッソ大阪堺レディースから完全移籍した選手

  松原 志歩(まつばら しほ)
    アルビレックス新潟レディース(期限付き)→サンフレッチェ広島レジーナ→フォルトゥナ・イエリング(デンマーク1部)

  林 穂之香(はやし ほのか)
    AIKフットボール(スウェーデン1部)→ウェストハム・ユナイテッド(イングランド1部)

  野島 咲良(のじま さくら)
    ノジマステラ神奈川相模原→イラワラ・スティングレイズF C(NPLニューサウスウェールズW1)

  井上 陽菜(いのうえ ひな) ノジマステラ神奈川相模原

  北村 菜々美(きたむら ななみ) 日テレ・東京ヴェルディベレーザ

  宝田 沙織(たからだ さおり)
    ワシントン・スピリッツ(アメリカリーグ)→リンシェーピングFC(スウェーデン1部)→レスター・シティ(イングランド1部)

  松原 優菜(まつばら ゆな)
    サンフレッチェ広島レジーナ→INAC神戸レオネッサ

  田畑 晴菜(たばた はるな) マイナビ仙台レディース

  浜野 まいか(はまの まいか)
   INAC神戸レオネッサ→チェルシー(イングランド1部)→ハンマルビーIF(スウェーデン1部)(期限付き)→チェルシー(復帰)

  小山 史乃観(こやま しのみ)
   INAC神戸レオネッサ(期限付き)→セレッソ大阪ヤンマーレディース(復帰)→ユールゴーデンIF(スウェーデン1部)

 

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック