日記・コラム・つぶやき

2017年1月 1日 (日)

2017年。明けましておめでとうございます。

 

Img_20170101_084451

 

 

2017年。

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけるとうれしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

2016年、あけましておめでとうございます。

160101_032507_ed

 

 

あけましておめでとうございます。

 

昨年は、当ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけるとうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

大阪人をバカにしている、内閣参与の飯島勲大先生(←嫌み。)

 

PRESIDENT ONLINE 5月15日 「なぜ大阪から企業が逃げていくか」。

書いているのは、内閣参与の飯島勲氏。

タブレット端末での更新で、リンクを貼れないので、ちょっと読んでみようという方は、検索して見てください。→【追記】記事はこちら

橋下氏のことが嫌いなのか知りませんが、ディスりたいなら勝手にすれば良いです。

一応書いておくと、僕は、維新でも自民でもない無党派です。

この記事で何がムカつくかというと、以下の文章。

「この住民投票は、都構想の是非ではなく、お笑いタレント出身の橋下が繰り出す漫才をこれからも聞きたいか、聞きたくないかで、大阪の人は投票しているように見えるからだ。」「大阪人は政策についてあまり関心がないのではないか」。

随分と、上から目線、というより、大阪人をバカにしてますね~。

こんな地方をバカにしてる人が(非常勤とはいえ)内閣に居たら、地方再生なんて進みませんね。

記事の内容も、ホームページとネットニュースをつなぎ合わせたレベルでお寒い内容ですけど。

大阪の皆さん、「飯島勲」という名前をしっかりと覚えておきましょう。

 

 【追記】

この記事を掲載しているウェブ「PRESIDENT ONLINE」には、『「仕事人×生活人」のための問題解決塾』とあります。

片方に偏った記事だけ載せていても、何の問題解決にもなりません(苦笑)。

 

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけるとうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

【情報】阿倍野区内で連続放火か。皆さんもご注意を!

 

20日未明、阿倍野区内で、連続放火の疑いのある火事が発生。

家の前などに燃やされやすいものを置かないようにするなど、注意していきましょう。

警察には、パトロールの強化をお願いします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火)

【速報】【追記】皆さん、還付金詐欺に注意!!!

 (2015年1月13日記載)

皆さん、還付金詐欺に注意ですよ!!!

ついさっき(1月13日)、うちの親宛に、大阪市の区役所を名乗る人間からが電話が。

「還付金があるが、区役所の申請期限が過ぎたので、こちらで手続きします。」とかいう、いかにも怪しい電話。

親が「子供に代わります」と言って、代わると、電話はブチッと切れて、再度の電話もなし。

これは、詐欺電話確定でしょう。

先ほど、区役所に、そんな電話があったと通報しました。

皆さん、特に高齢のご家族が居る方は、ダマされないように、すぐ伝えた方がよろしいかと思います。

くれぐれも、還付金詐欺にご注意を!!!

 

 (2015年1月15日追記)

阿倍野区役所公式ツイッターで、昨日、注意喚起が行われました。

以下、ツイッターより転載。

『 【保険福祉課です。】 市役所職員を騙り、制度の変更があったので還付金があると言って口座番号等を聞き出そうとする還付金詐欺事案が阿倍野区で昨年末から引き続き発生しています。また、今年も引き続き発生しています。くれぐれもご注意ください。 』

皆さん、重ねて、お気をつけください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

「大阪、おおさか、OSAKA(桜&虎&鉄版)」、今日、新版スタート☆☆☆

 

当ブログ「大阪、おおさか、OSAKA」をご覧いただき、ありがとうございます。

僕は、もう1つのブログ「大阪、おおさか、OSAKA(桜&虎&鉄版)」を運営しておりまして、今日、移転いたしました。

 

その新版のアドレスは、こちら。

 → http://osaka-osaka-osaka.cocolog-nifty.com/sakura_tora_tetsu/

 

引き続き、両ブログとも、よろしくお願いいたします。

 

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけるとうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

2015年、明けましておめでとうございます。

 

遅ればせながら、新年、明けましておめでとうございます。

今年も、当ブログ「大阪、おおさか、OSAKA」では、僕チョイスの、大阪の風景や大阪情報などを掲載していきたいと思います。

引続き、ご覧いただければ幸いです。

僕のもう1つのブログ「大阪、おおさか、OSAKA(桜&虎&鉄版)」も、よろしければどうぞ。

本年もよろしくお願いいたします。

みなさんにとって、この2015年が良い年となりますように。 

 

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけるとうれしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

【追記】サンフレッチェ広島が、土砂災害に対する義援金募金を開始。ご協力お願いします。

 

広島における豪雨土砂災害により、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、救出活動が進むことを願っております。

また、被害に合われた方々にお見舞い申し上げますとともに、できるだけ早い時期に、通常の生活に戻ることができるよう願っています。

 

被災市に本拠地を置くJリーグチーム・サンフレッチェ広島および選手会が、8月23日、広島市内で発生した土砂災害に対する義援金募金を開始しました。

募金は、サンフレッチェホームゲーム試合会場、サンフレッチェ広島オフィシャルショップ、サンフレッチェ広島事務所、吉田サッカー公園事務所で受付。

また、口座振込でも受け付けており、振込宛先は、「広島銀行 観音支店 (普)1077244 (株)サンフレッチェ広島」となっています。

詳細は、サンフレッチェ広島オフィシャルウェブサイトのこちらでご確認ください。

 

広島は、観光で遊びに行った時に楽しませていただき、お世話になったところです。

ミスター・セレッソ、森島寛晃セレッソ大阪アンバサダーの出身地でもあります。

僕も微力ながら、協力させていただきたいと思います。

サッカーファンをはじめ、当ブログをご覧いただいた方におかれましては、募金にご協力いただければ幸いに存じます。

 

また、この募金に限らず、その他の様々な支援活動でご協力いただければ、と思います。

なお、こういう時にいつも必ず現れる、募金詐欺やその他の悪質者に引っかからないよう、十分ご注意ください。

 

 

 【2014年8月29日追記】

セレッソ大阪は、ホームゲーム2試合において「広島市内土砂災害義援金」の受付を行う、とのお知らせがリリースされました。

受付を行うホームゲームは、以下のとおり。

 ○8月30日(土)19時キックオフ 
   J1リーグ第22節vsヴィッセル神戸(ヤンマースタジアム長居)

 ○9月 3日(水)19時キックオフ
   ナビスコ杯準々決勝第1戦vs川崎フロンターレ(@ヤンマースタジアム長居)

義援金は、被災地をホームタウンとするサンフレッチェ広島を通じて、被災された方々へ届けられます。

詳細は、セレッソ大阪オフィシャルサイトのニュースリリースをご覧ください。

 

サンフレッチェ広島をはじめ、Jリーグ各クラブにおいて、先週末に募金活動が実施され、今週末以降の各試合会場でも行われる予定、とのこと。

みなさんも、試合会場でぜひご協力を、試合会場に行けない方は、上に記載のサンフレッチェ広島宛て口座振込等でご協力いただければ幸いです。

 

 

 (サンフレッチェ広島オフィシャルウェブサイトより) 

Photo

 

 (セレッソ大阪オフィシャルサイトより) 

201482322375763u93

 

人気ブログランキングへ ←ランキング参加中。クリックしていただけるとうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

3月25日の中田宏衆議院議員の質疑に物申します。

 

3月25日、衆議院・総務委員会における中田宏議員の、NHK平成26年度予算にかかる質疑について、あくまでも冷静に物申したいと思います。

なお、質疑全文は、中田宏氏のブログのこちらに掲載されています。

 

まず、1点目。

質疑では、NHKの番組が低俗になっていないか、と述べた上で、民放のマネをし過ぎ、NHKがやるべきではない娯楽番組として、「ケータイ大喜利」「コントの劇場」「七人のコント侍」を挙げています。

どこが低俗なのでしょうか、NHKでの範囲を越えているとは思いません。

「ケータイ大喜利」は、開始当時、携帯により視聴者がリアルタイムで参加できるのが画期的でしたし、限られた文字数で表現する面白さは、多くの視聴者に評価されていると思います。

コント番組は、民放でほとんど無い今、NHKがやる意義はあると思いますし、NHKでは落語も放送してますが、落語はOKでコントはダメというのでしょうか。

そして、これらの番組が、「NHK離れ」を食い止めている部分は、結構あるでしょう。

質疑では、民放のバラエティ番組に毒のある発言が。

中田宏議員は、そもそもバラエティやお笑いが嫌いで、それらに携わる人たちを下に見ているのでは、という気さえするのですが、そんな個人の趣味嗜好を押し付けないでほしいです。

 

2点目。

質疑では、NHKの番組・コンテンツについて、海外から購入している金額より、海外へ販売している金額の方が少ないので、もっと海外に出していくべき、という発言。

それ自体は良いことだと思いますが、ドラマやドキュメンタリーでは、そうそう売れないと思うのですが。

アニメやゲーム、アイドルなど「クール・ジャパン」コンテンツを、NHKでどんどん制作して売っていったらどうでしょう。

まさか、また、NHKがやるべきものなのか、とか、民放と同じことを・・・とか言わないですよね。

 

最後に、3点目。

質疑では、パラリンピックの放送が短いことについて認識を改めるべきではないか、という発言。

内容はその通りだと思います。

が、この質疑が、前の2つと比べて一番短いです。

これこそ、もっとしっかり時間をかけて問うべきでしょう。

競技の生放送を増やす。

それに加えて、競技の録画中継を増やす。

さらには、パラリンピックに至るまでの競技者の取組みを取材した番組を放送する。

などなど、具体的に提案するなら、ここで提案してもらいたかったですね。

 

と、いろいろ僕の意見を書き連ねさせていただきました。

みなさんも、何か思うところがあれば、それぞれSNSで発信されてはいかがでしょう。

僕は、この後、NHKオンラインのご意見・お問い合わせ欄から意見を送ろうと思います。

 

人気ブログランキングへ ←ランキング参加中。クリックしていただけるとうれしいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

またですか。大阪市の公募校長制度は廃止すべき。最低でも教育関連経験者に限定すべき。

 

またですか・・・。

今年度からスタートした、大阪市の公募校長制度。

その公募校長の1名が更迭へ、というニュースが。

報道によると、新聞記者出身の男性校長について、教員や保護者らと人間関係が築けず、「学校運営の能力が足りない」と市教委が判断、3月末で更迭する方針を固めた、とのこと。

   ○ 読売新聞    (2014年3月20日)
   ○ 毎日新聞    (2014年3月20日)
   ○ 朝日新聞    (2014年3月20日)
   ○ 日本経済新聞 (2014年3月20日) 

 

大阪市の小中学校において、昨年4月に着任した民間出身校長者は11名。

すでに、1名が自分の能力が生かせない等の理由により、わずか3か月で自主退職。

さらには、1名が保護者へのセクハラで更迭され、自主退職。

わずか1年で、11名中3名が「離脱」することとなります。

この他の校長にも、問題行動が報じられていました。

いったい、何が目的で校長になったんですか。

もう、これは制度として無理がある、と言わざるを得ません。

 

昨年3月の大阪市教育委員会の報道発表資料で、11名の主な経歴を改めて見てみると、学校経験者は1名のみ、そのほか、教育ジャーナリストが1名。

僕は、最初、公募校長は、他自治体や私学の学校教育経験者、少し広げて塾や予備校経験者とか教育関連経験者を募るのかと思ってました。

全く違う分野から来て、いきなり校長をやるなんて、そもそも無理があると思うのです。

もう、公募校長制度は廃止すべきでしょう。

最低でも、教育関連経験者に限定すべきです。

 

あと、全員ではないでしょうが、権限を持つと、自分が偉い、自分は力を持っている、と勘違いする人間が発生するんでしょうね。(公募区長などの一部にも見受けられますが)

児童・生徒たちのことを第一に考える、ということが抜け落ちている、と思われても仕方がないですね。

大阪市教育委員会および大阪市は、早急に抜本的な対応をすべきです。

 

 

 (2014年3月25日追記)

3月24日、新聞記者出身の男性校長を「更迭」する教育委員会事務局案について、教育委員が反対。

男性校長は、4月以降も「続投」となり、同校長をサポートする「副校長」の新設が決定しました。

   ○ 大阪市教育委員会報道発表資料 (2014年3月24日)

   ○ 読売新聞    (2014年3月24日)
   ○ 毎日新聞    (2014年3月24日)
   ○ msn.産経ニュース  (2014年3月24日)
   ○ 日本経済新聞 (2014年3月25日)

報道を見ても、教育委員がなぜ「更迭」案に反対したのか、その理由は、よく理解できません。

大阪市では、「副校長」を、昨年4月から15のモデル校に、教員と内部公募により設置していますが、「公募校長」とは違う校に設置。

今回、「公募校長」をサポートするために、教頭に加えて、さらに「副校長」を設けるということですが、裏を返せば、1年間やって校長としての業務ができていない、ということだと思うのですが。

いずれにしても、今後学校運営ができているのかをきっちりチェックすべきですし、ダメなら「更迭」すべきですし、そうなれば、今回判断した責任も問われるべきでしょう。

2014年4月から、新たに12名の「公募校長」が就任するようです。

発表されている主な経歴を見ると、教育関連経験者の方が少ないです。

果たして、大阪市の教育は、どうなっていくのでしょう・・・・・・。   

 

人気ブログランキングへ ←ランキング参加中。クリックしていただけるとうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)