« 2017年春景色part1。~大相撲三月場所~ | トップページ

2017年3月31日 (金)

大阪・忠岡町は日本一小さい面積の町。

 

大阪府泉北郡忠岡町は、日本一小さい面積の町。

その面積は4.03平方キロメートル。

形が横長でもあり、電車や車で通ると、あっという間に通過します。

201703201

201703202

 

南海電鉄・忠岡駅。

忠岡町内で唯一の駅となっています。

201703203

 

ちなみに、忠岡町出身の有名人としては、西谷岳文選手(ショートトラック・長野五輪金メダリスト)、前田健太選手(広島→ドジャース)、梁勇基選手(ベガルタ仙台)などを輩出しています。

 

 

なお、日本一小さい面積の市町村は、富山県中新川郡舟橋村(3.47平方キロ)。

日本一小さい面積の市は、埼玉県蕨市(5.10平方キロ)となっています。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ  ←ランキング参加中。クリックしていただけるとうれしいです。

|

« 2017年春景色part1。~大相撲三月場所~ | トップページ

大阪の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2017年春景色part1。~大相撲三月場所~ | トップページ